忍者ブログ

2008年05月30日
<親>

親には、もうとっくに話していました。

毎日のように、いじめがあることやいじめが酷いことを訴えていました。

最初の頃は「そんなものあるわけがない」と言っていましたが、そのうち信じるようになってはくれました。

しかし、いじめの酷さには一切聞く耳を持たず、「とにかく負けるな!」「怒鳴り返せ!やり返せ!」「学校に行け!」と、それしか言いませんでした。

いやいや、とっくに怒鳴り返しています。

その頃になるといじめの参加者もかなりの人数になっていたので、いくら怒鳴り返したとしても、こっちは1人で向こうは大人数、勝てるわけがありません。

それも親には話しましたが、一向に聞く耳を持たず、とにかく「やり返せ!」と、それしか言いませんでした。

しかし家を出た瞬間に罵声が・・・ともなれば、いくらなんでも酷い状態だと気が付きます。

一度、彼等が凄い顔をして怒鳴っている時に、うちの親が出てきて、写真を撮ったことがありました。

彼等は一瞬にして罵声を止め教室の中に閉じこもってしまいましたが、学校に行けばまたいじめの始まりです。

この写真事件から、親もさすがに手のつけられない酷い状態だとわかってくれたか・・・と思ったのですが、無理でした。

相変わらず「やり返せ!」「学校に行け!」だけです。

なんとか理解者が欲しくて、父親に言ったこともありましたが、父親はもっと酷い状態でした。

「あんな学校でいじめなんかあるはずがない」

彼等はいつも私が公衆電話で話しているとやってきて、バカ騒ぎをしたり罵声を浴びせたりして嫌がらせをしていたのですが、まさにその時父親と話していたので、父親にも聞こえたはずですが・・・

一向に「あるわけがない」と信じませんでした。

(不登校体験記 その4)

>>

スポンサーリンク

私の不登校体験記目次

不登校

いじめの始まり

どんどんエスカレート

教師の言葉





教師も一緒になって

不登校の始まり

限界の先には

おかしな症状

退学

その後

不登校を改善するには?その1

不登校を改善するには?その2

伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD

スポンサーリンク

私の不登校体験記<トップページ>
PR
« 教師の言葉 | HOME |  »