忍者ブログ

[PR]

2017年06月26日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

教師も一緒になって

2008年05月30日
<教師も一緒になって>

塾長の見事な対応によって、塾でのいじめは無くなりましたが、そんなことで彼等がひるむはずがありません。

塾でいじめが出来なくなったことがよほど頭に来たのでしょうか。

代わりに学校でのいじめをどんどんエスカレートさせていきました。

もうその頃には、常時怯えている状態で、必死にどこかに助けを求めていました。

そんなある日、持ち物検査の時のことです。

当時学校に持ってくることを禁止されていたゲームがあったのですが、知らぬ間に私の鞄の中に入っていたのです。

私はそんなゲームを触ったこともないし、家にもありません。

私の鞄に入っているはずがないのです。

一発でわかりました・・・彼等が入れたのだと。

でも、長期間に渡り酷いいじめの中を生きてきた身として、自然と警戒心がかなり強くなっていたので十分に鞄の中をチェックしたはずです。

きっと、物凄いタイミングとスピードで入れたのでしょう。。。

しかし、このくらいはもう驚きません。

正直「いかにも彼等がやりそうなこと」でしたから。

問題はこの次です。

「あれ・・・?何これ?」と驚いている私に向かって担任が「何これって自分の物でしょう」

そんなはずはないと、そんなゲームは触ったこともなければもちろん所有もしたこともない、と必死に訴えようとしました。

しかし・・・・「いや、私のものでは・・・・」と言った時点で「あら?あなた、ついに目までおかしくなっちゃったの?」と笑ったのです。

信じられません。

担任がそんなことを言うものだから彼等は大喜びでゲラゲラと笑っていました。

(不登校体験記 その6)

>>不登校の始まり

スポンサーリンク

私の不登校体験記目次

不登校

いじめの始まり

どんどんエスカレート

教師の言葉





教師も一緒になって

不登校の始まり

限界の先には

おかしな症状

退学

その後

不登校を改善するには?その1

不登校を改善するには?その2

伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD

スポンサーリンク

私の不登校体験記<トップページ>
PR