忍者ブログ

[PR]

2017年06月26日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008年05月30日
<塾>

運の悪いことに、彼等は塾でも一緒でした。

もうおわかりいただけたでしょう・・・・塾でももちろんいじめをやっていました。

つまり朝から晩までいじめをやっていたわけです。

しかも、学校よりも酷い状態でした。

まず、塾の入り口で待ち伏せから始まり、トイレを占領して使わせない、公衆電話を占領して使わせない、罵声、嫌がらせ、終いには教室の窓に張り付いて、窓をガンガン叩きながらありとあらゆる罵声を浴びせるようになったのです。

講師たちが居ないその時を狙って上手くやっていたので、なかなか気づかれませんでしたが、うちの親が珍しく塾に電話していじめがあることを話したようで、早速対処してくれました。

塾が始まる時から授業中、そして帰り際まで、誰かしらスタッフが見回りをするようになり、トイレの占領も公衆電話の占領も罵声も、発見次第注意をしてくれました。

それまでは帰りの電車の中でも睨みつけたり、わざと聞こえるように悪口を言ったり、家までついてきたこともあったのですが、さすがに何週間も見回りをされたのでは彼等もやりにくくなったのでしょう。

塾の始まり~終わり~帰宅までの時間のいじめは止みました。

うちの親が塾に電話をしていじめの存在を話した時、塾長が「塾は勉強をしにくるところです。勉強の妨げになるような行いは一切許しません。即対応させていただきます」とおっしゃったそうですが本当に今でも感謝しています。

まさに「即」対応してくれましたし、その徹底ぶりも見事なものでした。

(不登校体験記 その5)

>>教師も一緒になって

スポンサーリンク

私の不登校体験記目次

不登校

いじめの始まり

どんどんエスカレート

教師の言葉





教師も一緒になって

不登校の始まり

限界の先には

おかしな症状

退学

その後

不登校を改善するには?その1

不登校を改善するには?その2

伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD

スポンサーリンク

私の不登校体験記<トップページ>
PR