忍者ブログ

[PR]

2017年06月26日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どんどんエスカレート

2008年05月30日
<どんどんエスカレート>

教室に入ってすぐ、おかしいと気が付きました。

仲の良かった友人は、大変よそよそしく、口もきいてくれません。

何人かで仲良くしていたのですが、他の友人達もなんとも言えない雰囲気をかもしだしていて、「おはよう」も言えませんでした。

そして、言ってくれませんでした。

初めは「あんなことがあったから・・・・友人も辛いのだろう」と思っていましたが、日に日にエスカレートしていきました。

まず、教室に入るとお喋りを止めシーンとするようになり、また、わざと大声でバカ騒ぎをしたり、黒板に嫌がらせの落書きがしてあるようになりました。

そんなことをするものだから、クラス中のみんながおかしくなっていきました。

これは言葉で説明するのは非常に難しいのですが、無視・・・というのでしょうか?

なんとも言えない無言のメッセージを送ってくるのです。

元々私は友人が多い方ではなかったし、一人で居ることもあまり苦にならなかったので辛い・・・という思いはあっても、ずっと耐えていました。

しかし、そんなある日のことです。

その頃私は学校のすぐ近くに住んでいたのですが、運の悪いことにその頃の教室からは私が家を出て行くのが見えてしまったのです。

こんな好条件を彼等が見逃すはずがありません。

教室に入ってからスタートしていたいじめは、教室に入る前・・・・それも、私が家を出た瞬間から始まるようになりました。

私が家を出ると、いや・・・家のドアを開けると、待っていましたとばかりに彼等が顔を出し、ありとあらゆる罵声を浴びせるようになったのです。

(不登校体験記 その2)

>>教師の言葉

スポンサーリンク

私の不登校体験記目次

不登校

いじめの始まり

どんどんエスカレート

教師の言葉





教師も一緒になって

不登校の始まり

限界の先には

おかしな症状

退学

その後

不登校を改善するには?その1

不登校を改善するには?その2

伊藤幸弘・不登校ひきこもり解決DVD

スポンサーリンク

私の不登校体験記<トップページ>
PR